井戸掘りで実現する理想の暮らし|この手で掴む快適な環境

作業者

地質を知る

男女

地盤改良の重要性を知ろう

土地には様々な土地があります。地盤が弱い土地もあれば地盤が強い土地もあります。農地や牧場に使う土地とは違い住宅を建築する土地の場合、大きな地震が来た場合でもその建物が倒壊しないように地盤を強化する必要があります。もし、地盤が弱いままだといくら耐震設計をした住宅であっても倒壊してしまう恐れがあります。そのようにならないために、まずは地質調査を行い、軟弱な地盤であることがわかれば地盤改良をするべきなのです。地盤改良をする場合にはその軟弱な地盤がどれくらい深いところまで達しているかにより工法が変わってきます。まず、軟弱地盤が2メートル以内と浅い場合は表層改良を行い、人工的な硬い地盤に入れ替えます。この方法はお金があまりかからない点がメリットです。

柱状改良工法と鋼管杭工法

次に軟弱地盤が意外と深く、8メートルぐらいまで軟弱地盤が続く場合には、柱状改良工法という地盤改良を行います。この方法は、機械で地面に直径60センチ程度の穴を開けてそこにコンクリートを流し込みます。この方法のメリットは一度改良を行うと長らく使い続けることができることです。逆に、費用が掛かることや、一度施工するとなかなか元に戻すことができないという問題点があります。続いて、軟弱地盤がさらに地中深い場合や、重鉄筋の住宅を建てる場合は、鋼管杭工法という地盤改良方法を使う必要があります。鋼管杭工法は、鉄の杭を地面に埋め込む方法です。この方法は重たい住宅絵も耐えることができる点で優れている工法です。その反面お金がかかるという問題点があります。